『技術士』 とは


技術士制度の概要
 技術士制度は、科学技術に関する技術的専門知識および高等の応用能力と豊富な実務経験を有し、公益を害することない高い技術者倫理を備えた、優れた技術者の育成を図るための国による資格認定制度です。

 技術士は、技術士法(以下「法」という)に基づいて行われる国家試験(技術士第二次試験)に合格し、登録
した人だけに与えられる称号です。技術士は、科学技術に関する高度な応用能力を備えていることを国によって
認められたことになります。したがって、技術士は科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威の有る国家資格といえます。

 一方、技術士補は同じく「法」に基づく国家試験(技術士第一次試験)に合格し、登録した人だけに与えられる称号です。技術士補は、技術士になるのに必要な技能を修習するため、技術士を補助することになっています。


技術士の定義
  (1)技術士
    技術士とは、「技術士の名称を用いて、科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする
    事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導を行う者」
    (法第2条第1項)をいいます。

  (2)技術士補
    技術士補とは、「技術士となるために必要な技能を修習するため、法第32条第2項の登録を受け、
    技術士補の名称を用いて、技術士の業務について技術士を補助する者」(法第2条第2項)
    をいいます。